もうかれこれ10年以上。
テキストメニュー
最新テキスト
コメント
■遂にやってしまいましたよ・・・
 + 元新人(10/27)
 + 6years(10/24)
■夏の日の1993
 + Vl(10/27)
■次回予告メーカーが!
 + 元新人(10/27)
■嫁の職場での一言。
 + 元新人(10/27)
<< 2018/08 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別テキスト
人気テキスト
リンク
■ブログ・モジュール関連
 + ぶろぐん+様
 + nJOY BLOG様
 + ゲットネット様
■友人サイトとか
 + アクアラビュー専門店
 + ホーネット買うまでがんばるブログ
検 索
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER:
PASS:
俺つぶやき
なんか買うてやー








■関連記事■


■関連記事■


■関連記事■
月1万はイケるね


月100万とか夢みたいなこと
言ってないで、目先の1万円に
飛びついたらいいと思います。
俺は大体月2万くらい、これで
稼いでます。パソコンで文章を
打つのが得意だったら、絶対に
おすすめ。月1万はでかいよー


お知らせ
■ゲーム実況やってます。 ニコニコ動画→こちら Youtube→こちら

>> HOME > 普通日記 > 桜の咲くころに・その1
2011,02,12 / 14:26

たまにはちょっぴり切ない話でも書いてみようか。



彼女と知り合ったのは、今年の3月。ちょうど桜が咲きはじめる頃。俺のブログへメッセージを送ってきた。



「ブログ面白いので、お気に入りに入れさせて頂きますね^^」



彼女の名前は「桜」。こんな何気ないメッセージから、俺と桜とのやりとりがはじまった。

彼女は埼玉大学に通う学生。でも年齢は34歳。やんごとなき事情で高校にはいっておらず、それでも大検を受けて大学生になったらしい。

桜とのメッセージは、そういったプライベートな話からはじまった。自分の親が警察のお偉いさんで、警察関係の人と結婚させたかったために、恋愛もままならなかったとか。

そんな桜が、警察関係の人と夜桜を見ながらお見合いみたいな事をさせられたと、また俺に愚痴ってきた。



「お見合いかあ。いいじゃない。どうだったの?」

「断りました。話がつまんなくて。あなたの父親みたいなキャリア組になりたいとかどうとか。」

「でも、ザ・警察官僚って感じで将来安泰じゃないの?」

「そういうのうんざりなんですよね、もう。」

「そっか。なんかお疲れさんだったね。」

「それに私、好きな人くらいいますもん!」



父親に恋愛までコントロールされたくなかったのだろう。好きな人、ちゃんと作ってたんだなーと思って、そういう色恋沙汰大好きな俺としては、つっこんだ話を聞きたくて仕方なかった。



「好きな人!いいじゃない!どんな人どんな人!?」

「えーと、人気者で、モテて、楽しい人!」

「なんだ残念。モテてって時点で俺じゃねえやw」

「そんな事いう人は、鏡で自分の姿をみたらいいんだー!」



桜の好きな人というのは俺の事だった。驚きよりも戸惑いが先に芽生えた。

え、なんで?だって会ってもいない、電話もしたことない、顔すら知らない人を好きになんてなれるものなのか?

俺はそれでは人を好きになれない。だから、正直にその事を桜にも伝えた。



「それでもいいんです。私が勝手に好きになっただけだから。ただ、メッセージは続けて欲しいの。」



桜とのメッセージは正直楽しかった。だから俺もそれは勿論という返事を送った。それから数日後だった。桜から衝撃の事実をつきつけられたのは・・・



■同カテゴリ最新記事■
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://rouhi.jp/tb.php/607

Copyright © ジカンノロウヒペイジ All Rights Reserved.