もうかれこれ10年以上。
テキストメニュー
最新テキスト
コメント
■遂にやってしまいましたよ・・・
 + SR(08/05)
■夏の日の1993
 + 陰気なハンス(06/14)
■次回予告メーカーが!
 + エーレ(03/15)
■嫁の職場での一言。
 + るう(01/07)
 + 元新人(01/06)
<< 2017/08 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
月別テキスト
人気テキスト
リンク
■ブログ・モジュール関連
 + ぶろぐん+様
 + nJOY BLOG様
 + ゲットネット様
■友人サイトとか
 + アクアラビュー専門店
 + ホーネット買うまでがんばるブログ
検 索
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER:
PASS:
俺つぶやき
なんか買うてやー








■関連記事■


■関連記事■


■関連記事■
月1万はイケるね


月100万とか夢みたいなこと
言ってないで、目先の1万円に
飛びついたらいいと思います。
俺は大体月2万くらい、これで
稼いでます。パソコンで文章を
打つのが得意だったら、絶対に
おすすめ。月1万はでかいよー


お知らせ
■ゲーム実況やってます。 ニコニコ動画→こちら Youtube→こちら

>> HOME > レトロゲーを楽しむ
2009,04,30 / 21:45

何を思ったか、突如レトロゲームをやりたくなり、最初に手にしたのがこれ。



天地を喰らうタイトル画面

天地を喰らう




ほぼ同世代の知り合い数名に写メ送ったところ「何このゲーム。知らん。」という意見が多発したというなんとも世知辛いゲーム。そうか。みんなこの名作を知らんのか。簡単に説明すると、まあ要するに色んな武将とっかえひっかえしつつシバイ倒したらんかいというゲームなんですが、三国志モノには珍しく、なんとRPGだったりします。しかも5人パーティー。

HPではなく「兵士数」というパラメーターに置き換えられていたり、兵糧なんて数値があったりと、随所に戦争モノという要素を散りばめてはみたものの、結局兵士が0になったら武将も死ぬし、兵糧は単なるお金使わせパラメーターに過ぎないのでうざったいだけという、昔のゲームながらの失敗っぷり。

とはいえ、それを補って余りある楽しさを秘めているのがこのゲーム。早速プレイ。最初っから武力250前後のチョウヒとカンウが仲間にいます。ちなみにこのゲームの最大武力は255。ものすごい大判振る舞いっぷりじゃないかカプコン。

このゲーム、RPGとはいえ、レベルが上がっても、ごく一部の武将の最大兵士数と、最大策略ポイント(MPのようなもの)が上がったり、新たな策略を覚えるだけ。武力、知力は武将ごとに固定。ほとんどの武将は最大兵士数まで固定。結構な数の武将が出てくるが、たとえ武力が高くても、最大兵士数があがらないんじゃ結局使い物にならず、使える武将がやたら絞られてくる。

ていうかチョウヒ・チョウホウ・カンウ・カンコウ・チョウウン・バチョウ・コウチュウ・コウメイ・キョウイあたりの超有名どころ蜀武将くらいしか最大兵士数があがっていかないので、必然的にこの中から5名、軍師1名というごく限られた人選を強いられる事に。

ただ、強い武将がまだ少ない序盤は結構楽しめます。フィールドやダンジョン歩いてると、雑魚キャラである兵士や盗賊に混じって、なんと武将が出てきます。ある条件を満たしてその武将を倒すと、仲間にする事が出来る。



野良ポケモンならぬ野良武将がわんさか。



野良トウモや野良カンチュウ、挙句の果てには野良リョウトウや野良カコウトンまで出てくる始末。トン兄が野良・・・なんという扱い。

とまあこんな感じで、最初はいいだ最初は。どんどん強い武将が集まってきて、敵武将もサクサク倒せる。兵糧なんて武将倒したらわんさか入るんで、わざわざ金出して買う必要もなし。たーのしー!最終的なパーティーは、チョウホウ・カンコウ・バチョウ・チョウウン・コウチュウなんていう武闘派ばかりなんで、ガンガン物理攻撃で。策略なんてほとんど使っておらず。

しかし・・・最後の方になるとこれがなかなかしんどい。「げきめんのけい」なんていう策略を相手が使ってきて、物理攻撃を全く受け付けなくなる。こっちがこれ使っても大体1ターンくらいしかもたないのに、相手に限って数ターン続いてしまう。この効果を解除する「げさくのけい」も失敗ばかり。

さらに「あんさつのけい」なんてもうまさに読んで字の如くな策略がガンガン決まる。生き返らせるためには「しょうこんたん」というアイテムを使う他ない。それで復活しても兵士数は400人。最大数万の兵士がたった400人しか生き返らない。一撃くらってまた死亡。生き返らせるだけ無駄。

こちらの攻撃は効かない。策略も失敗ばっかり。1ターンで最低1人は死ぬ。復活はほぼ絶望的。無茶すぎる。あーまた全滅はいリセーット!・・・あ、しまった。



ここ数時間、セーブ全然してなかった。



というわけで一発目でいきなりクリア断念。エンカウント率も妙に高いし、もうやる気起きねえー。はい次のゲーム次のゲーム。あ、ちなみに・・・



最後まで効力がわからなかったアイテム「赤兎馬」。



こんな有名馬の使い道がわからないてどういう事だよ。後から「装備した武将のすばやさをあげる」という効果だとわかったが・・・武将にすばやさっていうパラメーター見当たらないんですけど。すばやさが隠しパラメーターて・・・

結局クリア直前までしかプレイしてないが、やはり面白い事には変わりなかった。また音楽がいいんだ。通常戦闘・武将との戦闘・砦や城攻めの戦闘の音楽が全部違う、フィールドの音楽が途中から変わるなんていう芸の細かさなど、この当時のゲームにしては珍しいのではないかと。



天地を喰らう天地を喰らう
カプコン 1989-05-19
売り上げランキング : 12208
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




2009,05,02 / 21:57

なんだかんだいいつつも結構楽しんだ天地を喰らう。さーて次は何をプレイしようか。よしこれ行こうこれ。



天地を喰らう2タイトル画面

天地を喰らう2




わーい結局これかよ!1で散々文句たれてたのに、かつ1クリアしてないのに2に手を出すか俺。まあいいや早速プレイ。って、あれ?うわあ。なんだこれ・・・なにこの星をみるひとに匹敵するほどの足の遅さ。いきなり出鼻をくじかれました。まいったなこりゃ。

しかも最初からパーティーが入れ替わり立ち替わり。全然落ち着きゃしねえ。しかもロショウとかシュレイとか、三国志にあまり明るくない俺が「誰だよソレ?」って思う武将しか仲間にいない。まあ最初はそれでもいいかとプレイしてると、ある事に気づく。

・・・あっ。消費アイテムがまとまるようになった!アイテムは各武将がそれぞれ個人で持つ、いわばドラクエタイプなのだが、前作だと

せきしんたん
せきしんたん
しょうこんたん
しょうこんたん

みたいな持ち物欄だったのだが、今回は

せきしんたん×2
しょうこんたん×2

と、最大9個まで持てるようになったのだ。持ち物欄を圧迫せずにすむので、だいぶ使い勝手が良くなったといえる。しかし相変わらず効果がわからないアイテムと策略。今のゲームみたいに、アイテム使う時に「HPを○○回復する」とか「敵単体にダメージを与える」とか、そういう説明は一切出てこない。このゲームだけではなく、レゲーを楽しむためにたちはだかるひとつの壁といえよう。

また、レベルが上がると武将全員の最大兵士数があがるようになったので、人選の幅が広がった。ただ強いってだけではなく、多少自分の好みを入れられるようになったのはありがたい。それを踏まえた俺人選が



チョウホウ・カンコウ・バチョウ・チョウウン・コウチュウ



前作と全く変わらず俺人選。



まあ途中でさらにカンコウがいなくなり、カンサクになるんで全く一緒ってわけじゃないけど。1と2に共通して言える楽しみが「仲間に出来る武将のバリエーション」なんだけど、これじゃあまり意味がない。たまにコウチュウをキョウイに変えてみたりして楽しんでましたけど、天下の麒麟児キョウイを気分転換に使うってのもどうかと。

前作でいらないと思った兵糧も今作にはなく、資金をアイテムにつぎ込めるようになった。また遅かった足も、赤兎馬などのアイテムを装備することにより速くなり、隠しパラメーターだった(?)すばやさもパラメーターとして認識できるようになり、死んだ武将を戦闘中に生き返らせやすくなった。

基本的なストーリーは変わらないが、天地を喰らうの正当なる進化版と思って頂いていいだろう。前作に引き続き、やや抑え目ではあるものの(というか前作がけたたましすぎ?)要所要所で盛り上げてくるBGMも◎。戦闘終了後の音楽は2のほうが個人的に好きである。

やはりラストあたりはきつかったが、前作ほどの理不尽さはなく、なんとかクリアまでに至った。ただ、行った事のある城を自由に行き来出来る、いわばキメラの翼的なアイテムが無くなったのが痛い。イマイチ城の名前と場所が一致しない俺としては、かなり痛い変更である。あと呉ファンには申し訳ないくらい、呉がらみのイベントがない。赤壁くらいか。



最後に・・・野良武将が仲間に出来なくなったのはちょっと切ないなあ。楽しかったのにアレ。



天地を喰らう2天地を喰らう2
カプコン 1991-04-05
売り上げランキング : 9787
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




2009,05,05 / 00:51

2作連続でRPGを楽しんだ後は、ディスクシステムに挑戦。



エスパードリームタイトル画面

エスパードリーム




RPGはRPGでもアクションRPGだ!この作品はマニアックになるんだろうか・・・なるんだろうなあ。ディスクって時点で結構なあ。今はバーチャルコンソールでも遊べるんで、興味のある人は是非。

当時剣と魔法のRPGが多かった中、銃とエスパーパワー(?)を武器に、本の中の世界で繰り広げられるメルヘンチックなRPGという異色作であった当作品。現実世界の男の子が、助けを求めに出てきた少女と共に、本の世界へと冒険の旅に出発する。その男の子は、本の世界で唯一のエスパーとなって、平和を取り戻すために戦うのだ。

もう見るからにメルヘンチック。なんともかわいい話ではないか。もう大好きだった作品。なんてったって、この頃のコナミはなによりまず、音楽が神懸かってたっていうか、いわゆる「神曲」のオンパレード。エスパードリームもその例に決して漏れていないと俺は断言する。

あの頃感動したエンディングの曲を聞く為にだけ、今回クリアを目指したといっても過言ではな前置きはこのくらいにしてとりあえずプレイ。ああ懐かしいなあ。この「シバラクオマチクダサイ」の表示。ええ。待ちます待ちます・・・あれ?



エスパードリームファイル選択画面

兵庫のツレのデータが何故。




以前俺の家に何泊かしていった時があったが、まさかその時に・・・しかもレベル17て・・・いつの間にこんなにやりこんだんだこいつは。訳のわからんところで対抗心を燃やしつつ、いざ追い抜かんとプレイ。初期装備はなんと水鉄砲。なるほど。これで敵を倒していくわけか。ふーん。まあ初期装備だから、ね。うん。



ぶん殴ったほうが威力あるんじゃねえか?



ま、まあそれはほら。昔のゲームだし。そんな邪な突っ込みは入れずにちゃっちゃとやっていきましょう。とりあえずワープゾーンらしき建物に入ってステージスタート。まずは経験値稼ぎと、敵と遭遇。あれ。こんなステージだっけな。あれ。おかしいな。



一撃で瞬殺て。あれ。



メルヘンチックな敵キャラに瞬殺て。あれ。



どうやら入るステージを間違えたようだ。そりゃいきなり最終ステージ行ったら殺されもしますよね。いくらメルヘンチックでも!ていうか最初の町からいきなり最終ステージ行けるのがすげえ。ちゃんと話を聞いてなかった俺が悪いんです。左上の建物からって言ってたのに、いきなり真逆の右下の建物入っちゃダメだよネ!

とまあ小さいボケをかましつつも、ステージ3あたりまでは順調だった・・・が、ステージ4からがどうも・・・ステージ5なんてそりゃもう特に・・・なんていうかこう・・・



メルヘンな世界はどこいった



ってくらい敵がつえーつえー。雑魚キャラといえど、気を抜いたら数秒で殺されるくらいのシビアっぷり。なにこの見た目とのギャップ。幼い頃の俺は、こんなシビアなゲームをやってたのか。しかもクリアしたのか。すげえよ幼い頃の俺。おそらく今とは気構えから既に違ってたんだろうなあ。

あ、それとついでに、ステージ4クリアした段階で、囚われてた村長の娘アリスを救出。いっけねすっかり忘れてた。するとどうだ。今まで通夜みたいだった村長の家のBGMが、なんともまあ幸せに満ち満ちたBGMにはや代わり。もうアレだ。世界とか救わなくても十分だろってくらいの豹変ぶり。現金なおっさんめ。

いやいやでも世界救わないと帰れないし。泣きそうになりつつも、ステージ5のボスを撃破。こちとらHP3000ちょいしかないのに、一撃で1000近くも持っていくなよう。しんどいなあ。裏技使わなかったらもっと苦労してたぞ。でもこれでようやく本の世界ともおさらば・・・って、あれ?ラスボス倒したのに、何も起こらない・・・おいおい。



世界全体を巻き込んだ謎を解かなければ帰れない



ってどういう事だよ。本の世界平和にしたんだから、バビューンと現実世界に返してくれよう。結局村長なんもしてくれへんやんけ。何がメルヘンだ所々妙にシビアじゃねえか畜生!騙された!世界平和の引き換えが水鉄砲と150ゴールドってあんまりじゃねえか!どっかの国の冴えない王様とそう変わらねえよこれじゃあ!

・・・結局全世界の様々な人からの情報を整理し、かつ様々なアイテムを物々交換し、ようやく帰れる事に。いやまさか「赤い宝石」と「ルビー」が別物のアイテムとは。ずっと同じアイテムだと思って、右往左往してたヨ!しかも秘宝とも言われてるアイテムの1つが「小さな棒」てどういう事だよ。

そしてお別れの時。5時45分に、現実世界への扉が開いた。名残惜しそうに振り返るも、扉をくぐる主人公・・・ふと気づくとそこは現実世界。どうやら本を開いたまま眠りについてしまっていたらしい。今までの事は全て夢まぼろしだったのか・・・ていうか、え、夢オチ!?と思った矢先、窓に不審者が!曲者かっ!?

・・・あ、そ、村長?それにアリスと・・・もうひとり名前忘れた。彼らがこっちに手を振っている。そして壁に貼られているポスターには「ありがとう 村長」の文字。夢ではなかったんだ!・・・というところでスタッフロール。いやーこのサンバ調のエンディング曲がまたいいんだ。これ聞けただけでプレイした甲斐があったってもんです。めでたしめでたし。

結局色んなところに突っ込みまくって、こりゃクソゲーレポートじゃねえか?とテメエでも思い始めたが、いやいやこれは名作。えすぱーびーむを使いまくって育てる楽しさや、ボスキャラとの戦闘の緊迫感など、今プレイしてもなかなか楽しめた。シンボルエンカウントなんで、無駄な戦いを極力避けられるし、レベルがある程度上がると、シンボルである足跡が主人公から逃げていくという細かさ。足跡ってところも作り手のセンスを感じるのは俺だけだろうか。

・・・ダメだ。なんかとってつけたような誉め方になってる。いや本当に面白いんですってコレ!



※今回使用した裏技は、ステージ2の洞窟で、金が万単位でガンガン手に入るという、見た目からしてバグじゃね?っていう技。なかなか思い出せず、ネットで探しても全然載ってねえので、なんとか自力で思い出して実行するも、この技を使って資金どこまであがるんだろうなと試してたら、99万を越えたところで0に戻ってループしてしまうという悲惨な目に。天罰テキメン。



エスパー魔美 DVD-BOX 上巻エスパー魔美 DVD-BOX 上巻 藤子・F・不二雄, 横沢啓子, 柴本広之, 小粥よう子

ジェネオン エンタテインメント 2007-12-20
売り上げランキング : 32902
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





Copyright © ジカンノロウヒペイジ All Rights Reserved.