もうかれこれ10年以上。
テキストメニュー
最新テキスト
コメント
■夏の日の1993
 + 陰気なハンス(06/14)
■次回予告メーカーが!
 + エーレ(03/15)
■嫁の職場での一言。
 + るう(01/07)
 + 元新人(01/06)
 + るう(01/06)
<< 2017/06 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別テキスト
人気テキスト
リンク
■ブログ・モジュール関連
 + ぶろぐん+様
 + nJOY BLOG様
 + ゲットネット様
■友人サイトとか
 + アクアラビュー専門店
 + ホーネット買うまでがんばるブログ
検 索
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER:
PASS:
俺つぶやき
なんか買うてやー








■関連記事■


■関連記事■


■関連記事■
月1万はイケるね


月100万とか夢みたいなこと
言ってないで、目先の1万円に
飛びついたらいいと思います。
俺は大体月2万くらい、これで
稼いでます。パソコンで文章を
打つのが得意だったら、絶対に
おすすめ。月1万はでかいよー


お知らせ
■ゲーム実況やってます。 ニコニコ動画→こちら Youtube→こちら

>> HOME > 普通のゲームレビュー > ナナシノゲエム
2008,07,08 / 00:41

まあ簡単な話、「このゲームをプレイしたものは、1週間以内に死ぬ」というゲームをプレイしちゃった主人公が、その呪いに抗うために色々やっちゃうっていう、「え、それ、リングのモロパクリじゃん」的なゲームなわけです。パクリだろうがなんだろうが、おもしろければいいというポリシーともいえぬポリシーのもと、早速プレイしました。で、最初に思った素直な感想がこれ。



うわ。こ、ここ、怖。



いきなりのっけから廃病院ですもん。ホラーの王道じゃないですか。DSで無理して頑張ってるよ!とでも言わんばかりのポリゴンが更に恐怖心を煽ります。このゲームをもしプレイするのであれば、絶対ヘッドフォンを用いるべし。いろんなとこから怖いっぽい音が聞こえてきます。すごい。いやーこの雰囲気、好きだなあ。で、次の感想がこれ。



うわ。そ、そそ、操作しづら。



なんすかこのたどたどしい操作性は。面白いほどに壁にひっかかります。しかも移動が主人公視点というところが、操作性の悪さに拍車をかけてます。製作側の意図としては「恐怖からすぐ逃げられないように」してるのかもしれませんが、俺としてはわずらわしいだけでした。画面タッチしながら上ボタンでダッシュとかありえねえ。生まれてこの方なったことない腕の部分が筋肉痛になりました。

しかもそれだけじゃありません。このゲームには、普通のアドベンチャーパートと、呪いのゲームパート(勝手に命名)っちゅもんがあります。呪いのゲームパートってのは、実際その「プレイすると1週間以内に死ぬ」っていうゲームをプレイするモードです。アドベンチャーパートでは縦持ち、呪いのゲームパートでは横持ちなもんで、ゲーム中頻繁に縦やら横やら持ち替えなければいけません。これがめんどい。操作性以前の問題。

製作側は、この操作性の悪さ=演出と踏んでるかもしれませんが、実際プレイしてみたら、そんな言葉でひとくくりにされたくはないほど面倒でした。でまあ、色々と文句はありながらもわずか4時間弱でクリアできたわけなんですが、最終的な感想が・・・



リングの劣化コピー



です。キライじゃないんですけど、なんかもっさりしてるっつーか。ストーリーはいまひとつってところでしょうか。怖くないんですよ。いや、ゲームとしては確かに怖いんですけど、なんていうかこう、お化け屋敷的な怖さっていうんでしょうかねえ。突然大きな物音がなったり、目の前にいきなりズギャーンとお化けっぽいものが出てきたり。びっくりする怖さってやつです。

俺としては、もっと精神的に怖いのが欲しかったんですけどね。かまいたちの夜みたいな。あまりわかってもらえない例えだと「ファミコン探偵クラブ1」的な精神的な恐怖が欲しかった。精神的に怖いのはどっちかっていうと呪いのゲームパートのような気がします。あれはちょっとキました。どんどん音楽おかしくなってったり、バグっぽい表示になったり。あの雰囲気もいいです。ファミコンチックな画面ってのが余計怖い。

あ、それと、一応このゲームのジャンルはアクションアドベンチャーになるんでしょうけど、一言で言ってしまえば



避けゲー



これです。俺が一番嫌いなジャンル。幽霊っぽいものが出てくるんですが、こっちからは一切攻撃できません。向こうの動きを予測して、避ける以外ありません。主人公視点でそりゃねえだろ。何がおもしれえんだ。アクション的な評価は俺の中では最悪です。そんなくだらねえアクション要素つけんだったら、普通にサウンドノベルやってたほうがマシです。そして・・・ここからはネタバレになりますので、読みたい方は「続き▽」をクリックして下さい 。クリア特典とか書かれてるんで、見たくない方は引き返して下さい。


・・・はい。じゃあネタバレなんですが、このゲーム、クリアすると「ハイシンカンリョウ」って出るんですよ。お!ひょっとして呪いのゲームパートのその後みたいなもんでも出来るんだろうかと、ちょっとわくわくしました。するとタイトルメニューに新たな選択肢が。



「ミエナイモード」



すごい勢いでいらねえ。



要するに幽霊が見えなくなんだろ?なんだよそのモード。誰が得すんだよ。ちなみに追加要素これだけっぽいです。うわー。たった4時間程度でクリアできるゲームの追加要素がこれですか。まあ4時間以上やりたくないけど。正直疲れました。ストーリー見たくてなんとかプレイできたようなもんです。

・・・おっと言い忘れてました。主人公を途中からサポートしてくれる准教授がオモロイです。主人公の身に危険が迫ってるって知りながらも、自分は調べ物があるからとかで、廃病院やら廃ホテルなど、あからさまな危険地帯に、主人公一人で行くように促す准教授の薄情っぷりに乾杯。

いや、ほら。ね。自分いけないなら、誰かに付き添ってもらえとか、言い方あるだろ。なんでわざわざ「一人で行け」って言うんだよ。しかし惜しい。惜しいなー。雰囲気的にはかなり高得点なのに・・・



俺評価:60点/100点




ナナシ ノ ゲエムナナシ ノ ゲエム
スクウェア・エニックス 2008-07-03
売り上げランキング : 32
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



余談。ゲーム内の「呪いのゲームパート」が、それなりにストーリーがあり、それなりに遊べる「ミニゲーム的」なものと期待して買っている人が多かったのには驚いた。うーん、なんでだろ?DS版CXの影響?最初からあんなもんだろうと思って期待してなかったっていうか、むしろ怖さ的には期待通りだと思ってる俺は少数派なんですかね。


■同カテゴリ最新記事■
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://rouhi.jp/tb.php/441

Copyright © ジカンノロウヒペイジ All Rights Reserved.