もうかれこれ10年以上。
テキストメニュー
最新テキスト
コメント
■もう時効だろうから毒吐くわ
 + 元新人(08/31)
 + めいぱぱ(08/31)
■遂にやってしまいましたよ・・・
 + 元新人(10/27)
■夏の日の1993
 + Vl(10/27)
■次回予告メーカーが!
 + 元新人(10/27)
<< 2020/10 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別テキスト
人気テキスト
リンク
■ブログ・モジュール関連
 + ぶろぐん+様
 + nJOY BLOG様
 + ゲットネット様
■友人サイトとか
 + アクアラビュー専門店
 + ホーネット買うまでがんばるブログ
検 索
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER:
PASS:
俺つぶやき
なんか買うてやー








■関連記事■


■関連記事■


■関連記事■
月1万はイケるね


月100万とか夢みたいなこと
言ってないで、目先の1万円に
飛びついたらいいと思います。
俺は大体月2万くらい、これで
稼いでます。パソコンで文章を
打つのが得意だったら、絶対に
おすすめ。月1万はでかいよー


お知らせ
■ゲーム実況やってます。 ニコニコ動画→こちら Youtube→こちら

>> HOME > 馬鹿発言 > 母の手の温もり
2011,09,30 / 19:38

小さい頃、私は母が嫌いだった。小学校の頃にいじめられていた私。いつも泣きながら帰ってきたものだ。そんな時に母は、優しくなぐさめてくれるわけでもなく



「もっとしゃきっとしなさい!」

「そんなんだからいじめられるのよ!」



と、小学生には厳しい檄を飛ばしてきた。なんで?どうして?こんなにつらい思いしているのに、どうしてわかってくれないの?

母に言われて渋々学校に行っていた私。毎日のようにいじめられ、その日も泣きながら帰る途中、忘れ物に気づき、自分の教室に戻った。

誰もいない教室・・・のはずだった。しかし話し声が聞こえる。人影は二つ。担任の先生と母だった。なんでお母さんがここに?私は疑問と好奇心に、扉の隙間から覗いてみた。



「はい。重々承知しておりますが・・・」

「お願いします。いい子なんです。本当に優しい子なんです。」

「はい。それもわかっております。」

「優しすぎて、立ち向かっていけないんです。」

「しかし・・・お母さん。毎日足を運ばせてしまって本当に申し訳ございません。」

「いいんです。これくらい。あの子のつらさに比べれば。」



母は泣いていた。私の前では決して見せない弱弱しい姿。全ては私のためだった。いじめに負けないような、強い子にするため。

そのためには自分が泣いていてはいけないのだ。だからあんな態度を・・・。本当は心の中では泣いてくれていたのだ。母もつらかったのだ。

そして毎日学校に赴き、先生にこの問題解決のために、懇願してくれていたのだ。親の心、子知らずとはまさにこの事。私はそんな事全然知らなかった。

なのに一方的に母を嫌ったりして・・・幼いながらも自分の情けなさに気づき、涙がこぼれた。ひっく。ひっく。我慢しようにもおさえられない。



「誰だ?入ってきなさい。」



先生に気づかれ、泣きながら教室に入る。驚く二人。まさか本人がここにいるとは思ってもみなかっただろう。母はあわてて涙をぬぐっていた。



「もう話は済んだから。お母さんと一緒に帰りなさい。さ、お母さん・・・」



先生にうながされ、私のそばに来る母。真っ赤な目で、ちょっと照れくさそうに、それでも優しく微笑みかけてくれた母。



「恥ずかしいとこ見られちゃったね。ごめんね。お母さんがしっかりしないとね。」



何も言えず、ただ泣きじゃくる私の手をそっと握りしめてくれた。あまり大きくはないけど、とても温かくて、とても柔らかい手。

あの手の温もりを、私は決して忘れはしない。母さん。天国で見てくれていますか?まだまだ情けないまんまの俺ですけど、頑張って生きてます。






・・・まあほぼ嘘だけどな。



真っ赤なウソ (PHP文庫)真っ赤なウソ (PHP文庫) 養老 孟司

PHP研究所 2010-01-05
売り上げランキング : 73843

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




■同カテゴリ最新記事■
相当昔の記事に対してのコメントで、大変恐縮です。

この記事を、最期の行の手前まで読んで感動していた1分半ほどの返還請求はどちらで受け付けてますでしょうか。
元紅 | EMAIL | URL | 14/01/30 17:35
とりあえずBPOあたりに訴えてもらって門前払いをくらうとなにかと具合がいいかと存じます。ええ。ええ。
元新人 | EMAIL | URL | 14/02/04 13:22
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://rouhi.jp/tb.php/636

Copyright © ジカンノロウヒペイジ All Rights Reserved.