もうかれこれ10年以上。
テキストメニュー
最新テキスト
コメント
■遂にやってしまいましたよ・・・
 + 元新人(10/27)
 + 6years(10/24)
■夏の日の1993
 + Vl(10/27)
■次回予告メーカーが!
 + 元新人(10/27)
■嫁の職場での一言。
 + 元新人(10/27)
<< 2017/12 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
月別テキスト
人気テキスト
リンク
■ブログ・モジュール関連
 + ぶろぐん+様
 + nJOY BLOG様
 + ゲットネット様
■友人サイトとか
 + アクアラビュー専門店
 + ホーネット買うまでがんばるブログ
検 索
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER:
PASS:
俺つぶやき
なんか買うてやー








■関連記事■


■関連記事■


■関連記事■
月1万はイケるね


月100万とか夢みたいなこと
言ってないで、目先の1万円に
飛びついたらいいと思います。
俺は大体月2万くらい、これで
稼いでます。パソコンで文章を
打つのが得意だったら、絶対に
おすすめ。月1万はでかいよー


お知らせ
■ゲーム実況やってます。 ニコニコ動画→こちら Youtube→こちら

>> HOME > 普通日記 > ボク、シアワセだったよ
2002,04,02 / 15:01

今から五ヶ月ほど前の話。我が家に新しい家族がやってきた。

その子の名前は「チュン」。桜文鳥の赤ちゃんだ。

文鳥を飼うのは初めてで、どうしていいかわからなかったが、妻が何羽か飼っていた経験があった為、飼育に必要なものも全て買うことが出来た。

餌もなんとか与えられるようになった。ピーピーととても元気に餌をねだるチュン。そしてその後にはお昼寝が日課だった。

少しずつ羽根をばたつかせつつも飛べるようになり、かごから元気に出てくると、私の手のひらに向かって一目散!

私はチュンが可愛くて仕方なかった。文鳥がこうも人間に慣れてくれるものだとは知らず、ただただ感動を覚えるばかり。

私の手の中が暖かいのか、すぐに眠ってしまうチュン。そっと頭をなでてやると、クルルと気持ちよさそうにさえずる。


それから10日後・・・


ご飯の次に居眠りが好きなチュン。その日もいつも通り、チュンに餌をあげた後に出勤した。

残業で夜遅くなるも、早くチュンと遊びたい一心で急いで帰る。


「ただいま!」


靴をだらしなく脱ぎ、足をばたつかせながら居間に向かう私。いつものようにパソコンでインターネットをする妻。

・・・あれ?
・・・チュンのかごがない?

部屋の隅に置いてあったのと、季節的なもので、チュンのかごは少々寒い環境にあったのが私も気になっていた。

その為妻が暖かい場所に移動したのだろうと思い、その場所を聞いてみるも返事がない。

変に話をはぐらかす妻。しばらくして、私の嫌な予感が的中してしまった事に気づいた。

ティッシュにくるまれた何かを持ってくる妻。その白い幕が今ほどかれる。


「・・・昼までは元気だったんだけど。」


あんなに暖かかった、真っ白で綺麗な羽根のチュンが、今はもう動かず、恐ろしく冷たい。

だって・・・あんなに元気だったじゃないか。朝餌をやったのは私だぞ。

ただただ泣きじゃくる妻を、何も言わず抱きしめるしかなかった私。

そして間もなく私と妻は、近所の公園にチュンを埋めた。

・・・チュンは私に飼われてシアワセだったのだろうか。本当に私が飼ってよかったのだろうか?

えもいわれぬ罪悪感にさいなまれつつも、気がついたら眠ってしまっていた。


・・・夢を見た・・・


明るい日差しに包まれる、いつもの風景。いつもの居間。私の傍らには妻。そしてチュン。


「チュン・・・私は・・・」


謝りたい。とにかくチュンに一言謝りたいと切に願うも、言葉にならない私の言葉。


「・・・ったよ。」


チュンが私の心に語りかける。


「ボク、シアワセだったよ。」


心なしか、チュンが微笑んでいるように見える。


「短い間だったけど・・・ありがとう。」
「やさしいママに・・・」
「大きい、大きいパパ・・・ありがとう。」


目が覚めた。
・・・私は泣いているのか。

何が起こったのか理解できずにいる私。次第に先ほどの夢を思い出す。今でも決して忘れることの出来ない・・・チュンの思い出。


「ボク、シアワセだったよ。」


自分勝手な夢だとなじられても構わない。でも、決して忘れる事の出来ない夢・・・。


「大きい、大きいパパ・・・ありがとう。」



ちゅん




■同カテゴリ最新記事■
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://rouhi.jp/tb.php/494

Copyright © ジカンノロウヒペイジ All Rights Reserved.