もうかれこれ10年以上。
<<前の5件 | 1 | ... | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | ... | 155 | 次の5件>>
テキストメニュー
最新テキスト
コメント
■遂にやってしまいましたよ・・・
 + 元新人(10/27)
 + 6years(10/24)
■夏の日の1993
 + Vl(10/27)
■次回予告メーカーが!
 + 元新人(10/27)
■嫁の職場での一言。
 + 元新人(10/27)
<< 2018/06 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別テキスト
人気テキスト
リンク
■ブログ・モジュール関連
 + ぶろぐん+様
 + nJOY BLOG様
 + ゲットネット様
■友人サイトとか
 + アクアラビュー専門店
 + ホーネット買うまでがんばるブログ
検 索
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER:
PASS:
俺つぶやき
なんか買うてやー








■関連記事■


■関連記事■


■関連記事■
月1万はイケるね


月100万とか夢みたいなこと
言ってないで、目先の1万円に
飛びついたらいいと思います。
俺は大体月2万くらい、これで
稼いでます。パソコンで文章を
打つのが得意だったら、絶対に
おすすめ。月1万はでかいよー


お知らせ
■ゲーム実況やってます。 ニコニコ動画→こちら Youtube→こちら

>> HOME
1980,01,14 / 23:55

俺はとあるパソコン屋に勤めている。職場は4階層になっており、俺の職場は4階。ドライブやボードなどの周辺機器、ホワイトボックスなどを販売しているのだが、ついこの間、1階からうちの4階に、ゲームソフトが引っ越して来た。当然エロゲー含む。

ああ、嫌だなあ。エロゲーが来ちゃったら、うちのフロアにも「特殊オタク」が来ちゃうじゃん。アア嫌だ嫌だ。

なんてな事思っててもエロゲーは着々と4階に運ばれて来ました。一応仕事なので、何本か手にとって見てみましたよ。「月光」とか「ラストシーン」とか「ボディスナッチャー」とか「PARADOX」とか。色々洒落た名前のエロゲーって多いんですネ!



ヤルこたぁ一緒なんだからコジャレたタイトルつけなくても。



まあ中には、「バニーなヒップ」だの「少女サーカス」だのふざけた名前のものや、「スタート」だの「猪名川でいこう!!」だの「放課後恋愛倶楽部」だの、全くもって意味不明なタイトルまでズラリと並んでいるわけです。

特に・・・放課後恋愛倶楽部?このタイトルを聞いた時には、俺の頭の中は今田と東野の半裸コスチューム姿でいっぱいになったのですが。

なんか半分魂抜けたような状態でエロゲータイトルを閲覧していく俺。ふと俺の目に映ったのが、今まで紹介したタイトルなんぞ屁でもねえ程インパクトのあるエロゲー。その名も・・・



「怪奇!ドリル男の恐怖」



つーかこれ、エロゲーですか?なんかプラモデルでも入っているかのようなパッケージの右下には「おまけメンコ入り」のステッカー、そして「抽選で300名様に金のドリルプレゼント」の告知記述が。



や・・・やってみてぇ。先生、僕このゲームやってみたいよ。



一体どんなエロゲーですか。金のドリルって何ですか。エロゲー買う人ってメンコとかドリルとか欲しがるんですか。真ん中に映ってるヤツがドリル男ですか。股間のガトリング砲は標準装備なんですか。

とにかく気になってみたので、ストーリーを見てみる。



山奥の洋館に迷い込んだ3人の姉妹が、狂気の科学者の生み出した異形の怪物や、恐ろしい罠を避けて、平和な日常への脱出を果たす、ホラーアドべンチャーです。館の中にはさまざまなギミックがあり、また、館内をいつもうろついている正体不明の怪物「リンガリンガ」の攻撃から逃げつつ、館の謎をとかなけトばなりません。さあ、アナ夕は無事逃げ延びることができるでしょうか?



なんか普通のエロゲーっぽくてちょっとガッカリ。どうせ道中に出てくる異形の怪物とやらにマワされまくるんだろうよ。

おそらく「ドリル男=リンガリンガ」という等式が成り立つのでしょうが、一つわからない点があります。結局このストーリー説明の指し示す「アナタ」っていうのは一体誰なんですか?プレーヤーってのはわかるけど、そのプレーヤーが演じるのは誰?三人の姉妹?それともその三人を出口へと導かんとする天の声?



それともリンガリンガ?



このソフトのストーリーやら設定、そしてその存在自体がやたらと気になりだしたので、「Yahoo!」にて検索をかけてみる事にした。検索ワードは当然「怪奇!ドリル男の恐怖」そのまんま。で、その結果・・・



キャー!たたたた助けてグランマ57件もヒット。



なんでそんなにあんだよ。おかしいんじゃないですか「Yahoo!」

検索ワードの割には膨大ともいえるその検索結果の中から、このゲームを作った主犯テトラテック」のHPに飛んでみたところ、開発秘話などという血迷ったコーナーがあったので、閲覧してみることにした。

「企画会議中、シナリオライターのふと漏らした一言から端を発した物が『怪奇!ドリル男の恐怖』でした。」



どんな一言漏らしたら、そんな気さくな案が飛び出すんですか。



想像の域をゆうに振り切るんですが。その時のシナリオライターの精神状態なんかを詳しく分析してみたいなどと思いました。

しかもなんですかこの「Hシーンでは、武器が全て男根に変化して3つ所責め」という、奇抜にも程があるリンガリンガの設定は。何のためのガトリング砲だよ。

つーかどっちかってーと、俺の中ではドリル男っつーよりガトリング男なんですが。どう見ても左手のドリルより股間のガトリング砲の方がインパクト爆裂だろうよ。




1980,01,13 / 23:50

今回の無駄ゲーは、恋愛ゲーが好きな方には絶対にオススメできません。

もしあなたが恋愛ゲー大好きというのなら、今すぐ引き返して下さい。後で文句のメール出されても嫌なんで。

つーかそういう人はネタにします。

今から改行入れますから、恋愛ゲー大好きっこはとっととお帰り下さい。

























本当にいいですね?では始めます。

えー、遂に出るべくして出ましたね。恋愛シミュレーションツクール。恋愛シミュレーション作ってどうすんだ?というのが俺の正直な意見です。どのようにして作るかは全然知りませんが、みなさん一体どういったゲームを作られるのでしょう?

やっぱり、デートとかを繰り返して、親密度をあげると、頬を赤く染めた女の子がグッとくる言葉を発するようにするのでしょうか?



「私、○○君の事・・・ううん、何でもない。」
「このお弁当、○○君の口に合うかどうかわからないけど・・・」
「今日は神聖な夜。○○君とずっと一緒にいたいナ。」



いい年こいた野郎が、パソに向かってあれやこれや想像しつつ、こんな言葉をカタカタと打ち込むのでしょうか?



想像しただけで涙が出てきます。



それでいいのか!?そんなんで満足か!?ていうかまあ、俺も今まで人並みに彼女とか作って来ましたよ。でも、上記のような言葉を言われた事は殆どありません。恋愛ゲーの殆どが、夢物語である事にいい加減気づいて欲しいものです。



好きな女の子と一緒に観覧車に乗ったら、観覧車が途中で止まって
おびえた彼女が目ウルウルさせつつ
主人公の衣服をつまんで「私こわい」ですか?



あるわけねえだろそんなシチュエーション。



好きな女の子と一緒に友人のクリスマスパーティーに出席。
その後偶然にもその女の子と一緒に帰る事になり、
偶然にもナイスタイミングで雪が降ってきて
女の子は目を輝かせながら
「うわぁ、ホワイトクリスマスだね!」ですか?
イェーロマンティーック。



あるわけねえだろそんなシチュエーション。



と。閑話休題。話がそれてしまいましたね。今は恋愛ゲーの批判でなく恋愛シミュレーションツクールについて話しているところでしたね。

で、その恋愛シミュレーションツクール、実は俺も欲しいんですよ。構想は練れているんです。俺なりに。

では、俺流恋愛ゲームの概論を説明致します。

まず、やはり主人公は高校生。以前から好きだった幼なじみをおとすべく、勉強、スポーツ、ファッションに磨きをかけていく主人公。幼なじみとデートを繰り返し徐々に親密になっていく。

例えば学校の帰り、校門で彼女が頬を染めながらこんな事を言ってくる。



「あ、よかったら、一緒に帰らない?」



幸福な時間を過ごしていく主人公。あっという間に月日は流れ、もうすぐ高校卒業。主人公は意を決し、彼女に告白する事に。



決して妙な伝説には頼らず
ましてや彼女からの告白待ちなんてのは言語道断



という男気で。ここで、今まで主人公がしてきた行動により、マルチエンディング。



●エンディング1●

「あ、ごっめ〜ん。私もう彼氏いるの。もっと早く告白してくれればよかったのに♪」

と、見事にフラれる。



●エンディング2●

「あ、ごっめ〜ん。今までのは遊びだったの。まさか本気だったワケ?」

と、見事にフラれる。



●エンディング3●

「私でよければ・・・」

やったぁ!!恋愛成就!!二人はつきあい出す事に。しかし一ヶ月後・・・

彼女がフタマタかけてる事が発覚。破局を迎える。



そうなんです。現実はそれほど甘くはありません。告白を三年も待ってる女性なんてそう滅多にいるもんじゃござんせんぜ旦那。

これを機に、現実に目を向けてみましょう。もっと他に色々とやることがあるはずです。

さあ、ガンバって!あなたほどのパワーがあれば、現実で彼女作るのも大して難しい事じゃないですヨ!ただ、ゲームの世界の女性と、現実の女性を照らし合わすなんて事は絶対にしない事。



「詩織ちゃんの方がイイ!」



なんてのは絶対禁句です。その時点で破滅確定ですから。



1980,01,12 / 23:47

バンプレストお得意の、著作権バシバシなRPG。出てくるのは宇宙刑事系・ウルトラマン系・人造人間系・ガンダム系である。おぉ!ファンにはたまらないメンツじゃないですか!

ギャバンだよギャバン!
ウルトラマン系に人造人間系もなかなかそそる。

で、ガンダム系は・・・


またお前かよ、Gガンダム


最近バンプレのゲームはGガンダムに頼りすぎていると思うのは俺だけでしょうか?よりによって何でGガンダムなんだよ?ゲームのシナリオにデビルガンダム使うと勝手がいいのか?


あんなのガンダムじゃねえって。なんだよガンダムファイトって。


さて、閑話休題。このコーナーはGガン批評じゃありませんでしたね。(あ、ちなみにガンダム系はGだけじゃなく、ガンダムWも出てきます。これは許せる。)


俺はこのゲームをパチンコでゲット。買う気にはならなかったのでパチンコでゲット。家に帰り、早速プレイ。オープニングCGが流れた後、ロゴ画面に。なにやら歌声が聞こえてくる。



「♪スーパーヒーローそーれがー定めさー♪」



どうやら水木一郎ともう一人女性が一緒に歌ってるみたいだが、正直言って恥ずかしい。なおかつこの歌、どうやらバージョンが二つあるらしく、もう一つの方は、曲の最後に女性の台詞が入る。



「倒れてもくじけないで!そう、あなたは、スーパーヒーロー!!」



恥ずかしさに磨きがかかっている。



よくもまあこんな台詞を、照れもせずに言えるモノだとプロの気迫みたいなものを感じながらゲームスタート・・・でたよ。



バンプレストオリジナルキャラ



なんでこう、ウルトラマンやら宇宙刑事やら出てくる懐かし系ゲームにオリキャラを出したがるか。このゲーム然り、スパロボ大戦然り。興ざめである。

しかもこのオリキャラが主人公。どうやら過去に事故に遭い、記憶の大半を失っているようです。



ウワーイすげえアリガチ



謎を呼ぶのにはもってこいの手法なんでしょうねえ。

で、なんかデビルガンダムとの戦闘中、主人公とかガンダムチーム(G、W)とかがデビルガンダムもろとも過去にとばされてしまいます。そこから話はスタート。主人公はウルトラ警備隊に配属になります。ここからがつまらないところ。



●作戦室で指令を受ける
●指令を受けたら、作戦区域まで移動
●作戦区域でボス倒す
●作戦室に戻る



この繰り返しです。このゲームを三日ほどプレイしましたが、ずっとこの調子でした。しかも作戦区域って同じ様なとこばっか。そりゃ飽きるわ。

なおかつこのシステムにはとんでもない欠点があったのです。


まず一つ目。パーティーのメンバーが著しく入れ替わるのでメンバーへの武器装備などの強化のしようがないという事。

パーティー一定だった事ありません。金あっても誰に武器装備させていいかわかんねえよ。なおかつごくたまにしか出てこないようなキャラもいるので、そんなやつに武器買ってやっても金が勿体ないだけです。どうにかしてくれ、このクソシステム


二つ目に、作戦区域には、ごく希にしか宿屋的存在がないので経験値稼ぎが困難な事。周りの敵はボコスコ強くなっていくのにこっちは強く出来ない。クソゲーたるゆえんですね。

まったく、厄介なシステムにしてくれたものです。ウゼエ。


さて、ウゼエのはこれだけではありません。例えば、ストーリーの途中でいきなり訳わかんねえ背景画が出てきたりして。おそらく、場面の入れ替わりを表現しているんでしょうがわかりづらいことこの上なし。いらねえよそんな演出。


例えば、武器購入時のわかりづらさ。同じ人が装備出来、同じ値段で、同じ説明が書かれているのに、なぜか名前だけが違う武器とかが存在したり。

例えばウルトラマン系が装備できる武器であるミラクルスパークウルトラスパーク。値段は3000G。効果は「攻撃力アップ」。何で値段が一緒なのに



アップする攻撃力違うの?どういう意味合いで?



例えば、なんかやたらと登場をじらされた超人機メタルダー。このメタルダーを作った博士はいつまで経っても「いや、あの超人機を覚醒させるのは危険すぎる」などとほざいてメタルダーを登場させてくれません。

少なくても3回はじらされました。

で、やっと登場!!博士、「メタルダー」こと「剣 流星」を目覚めさせるや否や、敵襲来。「敵とはどういうものか教えてやる」みたいな事をのたまわり、敵のまっただなかへ。ボコスコにやられて死亡。

怒った剣流星、だーいへーんしーん!人間タイプからメタルダーへ!!

戦闘シーンへ突入!!いやっほーい、暴れまくってやれメタルダー!!こんだけじらして、なおかつ博士まで殺させたんだ。さぞかし強かろうて!!



・・・うわ、激弱・・・



マジでやられそうになりました。なんかその辺に出てくるような敵に。

さんざん引っ張っておいてこれかメタルダー。
博士を死に追いやっておいてこれかメタルダー。

うーん、っていうか、君いらない


という訳で、俺はこのゲームを三日でやめました。だってやる気おきねーもん。もっと辛抱してやり続ければ、更につっこみどころが増えるかもしれませんが、こんなくだらねえゲームの為に時間を費やしたくありません。

よってこのゲームのレポートはこれで終了させて頂きます。あークソクソ。






スーパーヒーロー作戦やってみてえ!




1980,01,11 / 23:45

皆様、「AZITO」という、プレステのシミュレーションをご存じでしょうか?プレイどころか、その存在すら肉眼で確認していないという方が殆どだと思います。そりゃそうだ。マイナーゲーだもん。

AZITO2なら結構有名かも知れませんがね。なんてったって天下のスパロボメーカー、バンプレストが出しているんですから。でも、今回の無駄ゲーは、あくまでも旧作の「AZITO」でいきます。



プレイヤーは司令官となってアジトを地下に作り、ヒーロー、怪人、戦闘機、戦艦、巨大ロボットなどを開発・製造し、他アジトからの攻撃を退けるというのが目的。

また、敵も怪人やヒーローを送り込んで来ます。こちらのアジトに侵入してきたら、設置した罠で一網打尽にしましょう。

全部で8面あり、すべての面をクリアするとエンディングです(たぶん)。



どうです?結構そそる内容じゃございませんか?男性の方。俺はものの見事にはまってしまいました。

なんてったって、ヒーローと怪人という相反するユニットの両方とも開発可能ってところがまず気に入りました。そして、ヒーローや怪人達は、どっちかっていうと消耗品扱いっていう豪快さも。

敵襲の度に殺されて、何度も何度も生産しなおし。いやあ、いいですねえ。



この等身大ユニット達は、保安室に設置すれば「諜報活動」というコマンドが実行出来ます。ま、簡単な話、聞き込みみたいなもんですね。で、色々なイベントがあるんですよ。

例えば、諜報員が銀行強盗事件にばったり出くわしてしまって、その旨を司令室に通信入れて来るというイベント。ここで現在アジト内にいるユニットを出撃させるかほおっておくかを選ぶのはプレイヤー自身。

迷わず出撃させたら、運悪く怪人が出撃してしまい、強盗事件を解決するどころか



強盗と一緒になって金奪ってきちゃいました。



うわーい、軍資金が一気に20億も増えちゃったーい。



商品開発、生産してちまちま売っての資金稼ぎが正味バカらしくなりました。



他にもまだまだイベントあります。

やれ「国会議事堂にミサイルが撃たれた」だの

やれ「ロケット発進を怪獣が邪魔してる」だの

やれ「誘拐事件が発生した」だの

やれ「財宝を見つけた」だの

まあとにかく色々。でも、その中で極めつけなのが「おばあちゃんが横断歩道を渡れなくて困っています」ってえヤツでしょう。



てめえで渡らせろよバカ。いちいち出動要請入れてくんな。



そんな実況中継通信入れてくる暇あんならとっとと手引いて渡らせたらどうか。



まあそんなバカキャラは放っておいて、大型キャラ(ロボットや怪獣など)でも作って、防衛力の充実でもはかりましょう。

で、完成したロボットの名前がアルファーアルジェリオン。うーん、どっかで聞いたことある名前だなあ。とりあえずそのロボットの詳細データを見てみる。ありゃ、なんと制作会社が「穴杯無」。うわあ豪快なパクりだなオイ。ただ漢字にしただけじゃねえか。

日本のアニメ界を一世風靡した某ニュータイプ萌えアニメのパクりですか。やるなあ、ASTEC21。


そんな事やってる間にも、我がアジトには幾度と敵が攻めてきます。ロボットやら怪人やら怪獣やら戦闘機やらを引き連れて。

こちらもロボットや戦艦等の大型兵器を出撃させて、なおかつ地表に設置した砲台なんかで応戦します。そんな戦火をすり抜け、運良くアジト入り口までたどり着いて侵入してくる敵側ヒーロー・怪人もたまに出てきます。



そんな奴らは、えげつない罠で迎え撃ってあげましょう。



俺の場合、アジト入り口から保安室まで長ーーーーーーーーーーい通路を設け、その通路を全て罠で埋め尽くしてあります。

罠には火責め水責めガス責め落とし穴などがありますが、俺の場合、長い通路は全て「落とし穴」で埋め尽くしてあります。

敵が落とし穴にかかる確率はあまり高くありませんが、かかったら最期。



即死です。



例えば4人の敵側ヒーロー・怪人がアジトに乗り込んで来たとしましょう。すると、大体3人くらいは長い通路のどっかで落とし穴に落ちます。で、大抵1人は保安室までたどり着きます。

しかしここを乗り切るのは至難の業。保安室には我がアジトで生産できる中で1番強いヒーローや怪人を4人設置しているからです。



4人のエリートヒーローにボコにされる一匹狼バカ怪人。



という訳で、我がアジトには、まだ1人の怪人の侵入も許していません。そして、こういう遊び方もあります。

敵側怪人達を攻撃せず、わざとアジト入り口までたどり着かせ、長い罠通路を通らせます。内部に侵入しようと、てくてく歩いてくる敵側怪人をじっと見守ります。ひとり、またひとりと落とし穴に落ち、死にゆく怪人達。

米粒みたいに小さいヒーローや怪人が、血を出しながら、かつ声を出しながら息絶えていきます。

「ギャアアアアアアア!」

「お、覚えてやが・・・れ・・・」

「○○帝國バンザァ・・・イ」



楽しくて楽しくて仕方ありません。



かなりクセになっちゃいます。それだけでもこのゲームをプレイする価値があると言っても過言ではないんじゃないでしょうか。



と、いう訳で俺のレビューを終わります。あ、よく考えると全然無駄ゲーじゃないや。無駄ゲーどころか、はまるやつぁはまるゲームですな。俺がそうであるように。ま、このゲームはバカゲーという事で手を打って下さい。





AZITOやってみてえ!




1980,01,10 / 23:41

一つ注意してもらいたい事がある。ゼルダの伝説というゲーム自体は正直言って、不朽の名作と言っても過言ではなかろう。

今回無駄ゲームとして挙げさせて頂くのは、ゼルダはゼルダでもファミコンのカードリッジとして発売されたゼルダの伝説である。

内容はディスク版と全く一緒なので、俺には何も文句はない。では、なにがいけないのか?



まず、音楽がしょぼい。



ディスク版のオープニングテーマは、そりゃもうばっちりであった。笛っぽい音が最高にイカしてた。それがどうだ・・・ROM版ではすっかり電子音である。

まあ、これはハード的な問題もあるかもしれないので、目をつぶろう。一番許せなかったのが



すげえ確率でのデータ消失



である。使用したハードは、買ったばかりの新品ニューファミコンでほこりなど殆どついていない。カセットもカチリと心地よくスムースinだ。接触不良などおこりはしない。ほこりたまってないんだから。本体にもカセットにも。

なのに、この尋常じゃないデータ飛びは何だ?



ドラクエ3なんざ可愛く見えるね、いやまじで。



ニューファミコンに、ゼルダの伝説のカセットを挿入、電源を入れる。オープニングの音源にひっかかりを感じつつも、実際プレーしてみる。うん・・・やはりゼルダは面白い!音のしょぼさなんて十分カバーだ!

ふう、やっとトライフォース3つ集めて、ブルーリングもゲットだ。そろそろ疲れたな。セーブして電源を落とそう。バチン。



次の日・・・そのデータは消えていた。また一からやり直しである。



っかしいな?電源の切り方が間違っていたのかな?ま、いいか。すぐ挽回出来るだろ。カチャカチャカチャ・・・うし、昨日と同じとこまで行ったぞ。セーブしてっと。今度はちゃんと説明書の通りに電源を落として・・・と。



次の日・・・そのデータは消えていた。また一からやり直しである。



絶対おかしいと感じた俺は、とりあえずちょっとだけ話進めてからセーブして、電源を落とし、またすぐ電源を入れ、確認してみた。・・・もうデータが消えていた。



なんだこりゃ。



またセーブし、一度電源落としてまた入れる。データ消失。ゲラゲラゲラ。

セーブ、電源落とし入れ。データ消失。おっちゃん参ったねこりゃ。

セーブ電源落とし入れデータ消失。すっとこぴょー。



・・・ええ加減にせいやコラ。



こんなん、セーブ機能ないのと同じじゃん。なんてったって、データ飛び率100%だもんな。



ざけんな任天堂。



発売日に買ったソフトなだけに、バックアップ用の電池が切れているとも考えがたい。一体なんだったんだろう・・・。また、切れていたとしても、それは俺の責任ではなく明らかにメーカー側の責任である。杜撰である。



俺、発売日にソフト買ってすぐ売ったのなんてこれ以外にないよ。






ゼルダの伝説やってみてえ!





<<前の5件 | 1 | ... | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | ... | 155 | 次の5件>>
Copyright © ジカンノロウヒペイジ All Rights Reserved.